×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

まずは、親御さんと相談しましょう。賃貸は何と言ってもお金がかかります。また、お部屋を借りる時には保証人をつけなければなりません。学生のみなさんの場合、大概この保証人は親御さんになることが多いです。まだ、十分な収入、資産をお持ちではないのですから当然です。だから、日頃から仲たがいしている人はぜひこの機会に仲直りをして下さい。この保証人をつけないとお部屋を借りるということはほとんどできないと思っていいと思います。
そして、物件を検索してみましょう。今はその地域に行かなくてもある程度のことがわかる時代です。その文明の利器を使いこなしましょう。
↓ ↓

賃貸検索
前ページ

次は自分が住みたい条件を紙に書き出してみましょう。例えば、南向きがいいとか駅からちかい方がいいとかいろいろ思うところがあるかと思います。その中で3つは外せない条件を選定しましょう。そうすることで物件を選ぶ際により早く検索できます。

続いて、物件の内覧、もしお部屋が気に入ったら賃貸借契約の締結です。学生のみなさんは一人では行かないでくださいね。必ず親御さんまたは社会人になられている御兄弟の方と行って下さい。賃貸を借りた経験が少ないと何かと不安ですし、契約書も初めて聞く言葉のオンパレード。ここは親御さんの出番だと思います。しっかりお願いしましょう。

最後にお部屋が決まり、いざ入居となったら、家具を入れる前に部屋の写真をいっぱいとりましょう。これは入居前の傷、汚れなどを写真に撮っておいて、退去する時にそれを大家さんへ提示するのです。こうすることによって、言われない原状回復費用を請求されるのを防いでくれるのです。

では、新生活に向けて出発して下さい!
応援しております♪

新しい出会いはまずお部屋探しから
前ページ